債務整理・任意整理専門[茨城]

司法書士越智法務事務所

 ー今すぐ無料相談を予約するー

0120-66-8599
 無料相談フリーダイヤル 

「信頼第一」で選ばれ続けて創業15年!
これからも、借金問題のプロとして
返済のお悩み解決はお任せください。

【2024年6月1日】最新トピック!

越智法務事務所は茨城県つくば市を拠点に開業以来、おかげさまで1700人以上(2024年6月1日現在)のご依頼をいただき、任意整理・時効援用などの債務整理を専門に多くの借金問題の解決に向かうことができました。借金クレジット問題の専門家として、茨城県でトップクラスの実績を積み上げております。

現在、任意整理・債務整理・時効援用の無料相談を行っていますので、毎月の支払いにお困りの方・返済額を減額したい方は、一人で悩まずに、お気軽にご相談いただければ幸いです。

督促をすぐにストップします!
債務整理なら返済額を減額可能!

越智法務事務所が選ばれる理由

債務整理が専門です

債務整理を専門として合計1700人以上の方からご依頼いただいたの実績(茨城県内の方が多いです) をいかして、認定司法書士越智研介が悩みや疑問に親身にお答えします。債務整理や任意整理などの借金問題については何度でも相談無料です。夜間・土曜、日曜の対応も可能です。 

ご相談者の希望に沿った解決方法を可能な限り目指します

「家族には内緒で債務整理をしたい」
「破産はしたくないので任意整理で解決したい」
「債務整理しても車を手放したくない」
など、
ご相談者の希望に沿った最適な解決方法を、じっくりと検討した上でご提案します。一方的に手続きを押し付けることは絶対にありません。また、ご相談・ご依頼の内容について司法書士法(守秘義務)に基づいて秘密を厳守いたします。

大手事務所と比較して安い費用設定です
着手金不要。費用は分割払いができます

越智法務事務所では、大手債務整理事務所と比較しても安い費用設定になっています。
債務整理・任意整理の着手金は0円で費用は無理なく分割払い可能です。

※債務整理による減額報酬の加算は一切なし(定額の費用のみ)で安心の費用設定にしています

認定司法書士が責任をもって全ての業務を担当します

越智法務事務所では、皆さんとの全ての打ち合わせを、法務大臣認定の司法書士が丁寧に行います。「ご相談者の皆さん、お一人お一人にきちんと向き合い、じっくりお話しを聞くこと」それが正確にご相談者のご希望を知り、最良の債務整理を行うために必要なことだと考えています。

債務整理・任意整理で出来ること

  • 1
    カード会社からの請求・督促をすぐにストップします
    <即日対応でカード会社からの請求・取立てを停止>

     
  • 2
    毎月の多額な支払いを停止できます
    <まずは生活を立て直す余裕をつくります>

     
  • 3
    利息をゼロにして、毎月のお支払い額を引き下げることが可能
    <利息をカットして無理のない金額で返済>

     
  • 4
    過払い金を取戻します。完済している場合も取戻しが可能です
    <払い過ぎていた利息があれば取戻します>

     

借金・クレジット問題の専門家と、
最適な解決方法を一緒に考えましょう

無料相談予約受付中

0120-66-8599

まずは無料相談ダイヤルにお電話ください

メールでのお問い合わせの方はこちらから

LINEで無料相談予約

借金クレジット問題のご相談はLINEでも受付可能です。「友だち追加」からお問合せ下さい⇩⇩

友だち追加

ご依頼の流れ

無料相談の予約
当日の相談も可能です。

当事務所では、お電話・メール・LINEにて無料相談の予約を受付けております。
夜間・土曜日・日曜日の受付も可能です。

まずは、お気軽にお問合わせください。 

無料相談のご利用はこちらへ

0120-66-8599

LINEでのご相談も可能です

友だち追加

当事務所でのご相談

司法書士が丁寧にお話しをお聞きいたします。
借金クレジット(債務整理)・放置していた借金の時効援用についてのご不安、お悩みをどんなことでもお話しください。法律のプロとして、責任をもって対応させていただきます。

手続きの依頼

債務整理・任意整理・時効援用などの無料相談で、納得のうえ「依頼しよう」と決められた方に、ご依頼いただきます。ご相談当日でもご依頼をお受けしています。

  • 解決策の見込み、手続き費用、委任契約書の内容をしっかりと説明した上で 、ご依頼をいただいております。
  • ご依頼を強制することは絶対にありません。相談のみで終了されたり、当日は一旦保留にして、検討していただくことも当然可能です。
ご相談・ご依頼には以下のものを持参お願い致します
  • 印鑑
  • 身分証 (運転免許証、保険証等)
  • 借入れの契約書、明細書、レシートのような関係する資料
    ※残っているものだけで大丈夫です
  • 借入れしている会社のカード
    ※残っているものだけで大丈夫です

受任通知を発送 

各債権者に、司法書士が業務を受任した旨を、文書にて通知します。
ご依頼日の当日又は翌日には受任通知を発送します。

司法書士の受任通知がされると、

  • 債権者の取り立てがストップします。
  • 返済を、一旦、停止するすることができます。

取引履歴の開示請求・利息制限法による再計算

各社から、取引履歴を取り寄せ、利息制限法に定められた金利へ再計算します。再計算をして、引き直し後の残高を出します。

再計算には、3週間から2か月程度掛かります。(各社により、取引履歴を開示するスピードが違うため期間に幅があります。)

方針の打ち合わせ

司法書士と方針の打ち合わせをします。

引き直し後残高をふまえて、ご依頼者の希望をお聞きしたうえで、最善の解決方法を提案いたします。

手続き方針を押し付けることはありませんので、ご安心ください。

金融業者との交渉・和解・時効援用(解決) 

 ※司法書士が無理のない返済計画に基づき交渉・和解を行い、毎月の返済金額を減額し解決します。

※長期間(5年以上)放置していた借金は時効期間が経過している場合は速やかに時効を援用します。

債務整理(任意整理・過払い金・時効)の概要

任意整理とは

任意整理とは、弁護士・司法書士が債務者の代理人となって、法的な主張を軸に債権者と交渉し、借金の支払方法の見直し整理する、裁判所を通さない債務整理の方法です。基本的には、利息制限法内で再計算した残額を原則として無利息にし、元金のみ3年~5年(36回~60回)分割払いしていきます。(但し、取引期間が極端に短い場合には、低利率の利息が付加されることがあります)

収入があり、利息をカットして、毎月の返済金額を減額してもらえれば完済可能な人に適した、最も利用者の多い債務整理の方法です。

メリット
  • 原則として無利息で分割払いのため、毎月の返済額・総支払い額が減額される。
  • 弁護士・司法書士が手続きを行うので、本人の労力負担が少なくてすむ。
  • 3年~5年後には確実に借金がゼロになる。(今までのような利息の支払いばかりで、元金が減らないということがない)
デメリット
  • 基本的には、元金全額支払うことになるので、収入がない、もしくは非常に少なく生活費で精一杯で、返済に回せる余裕が全くない方は任意整理は難しい。
詳細はこちらへ

過払い金返還請求とは

過払い金請求とは、法定金利(15%~20%)を超えて支払わされていた無効利息分(過払い金)を取戻す手続きです。

法定金利を超えていた業者と取引をしていた場合は、すでに借金の返済はしており、逆に払い過ぎになっている可能性があります。過去に完済している人も、過払い金を取り戻すことが可能です。貸金業者が過払い金返還の交渉に応じない場合は、弁護士・司法書士等が代理人となって訴訟を提起した上で回収することも可能です。

借金の時効(時効援用)とは

貸主が借主に対して借金を返済するように請求する権利について、一定期間行使しないと消滅時効にかかり、借主(債務者)が借金の時効を援用(時効が成立していることを主張すること)すれば、債権者は権利を行使することができなくなります。

通常、借金の消滅時効の援用は内容証明郵便で行います。

以上のような方法で債務整理を検討する場合は、借金総額・取引期間・金利・借入先のほか、収入や資産状況を総合的に考慮して適切に判断する必要があります。
したがって、誤った方法や無理のある方法を選択しないよう、債務整理分野に精通した司法書士や弁護士などの専門家に、まずはご相談下さい。

住宅ローンや車ローンは任意整理から除外できる?

任意整理は、返済が困難になった借金の整理手続きですが、必ずしも全ての借金やローンを対象にする必要はありません。特に「任意整理しないほうがよい」借金やローンは、任意整理の対象から除外することができます。
以下に該当するものは任意整理から除外することをお勧めします。

住宅ローンや車・バイクのローン:これらのローンは通常、住宅や車を担保にしており、任意整理から除外することで、その資産を手放す必要がなくなります。

奨学金や教育ローン:これらは教育目的のローンであり、任意整理の対象から外れることが多いです。これにより、奨学金の返済を続けることができ、親族等の保証人に迷惑をかけることがなくなります。

親や兄弟姉妹、友人からの借金:これらは個人的な関係から発生した借金であり、任意整理の対象から除外することになります。

このように任意整理では、住宅や車などの生活基盤や人間関係を維持しつつ、債務整理を効果的に行うことができます。それにより、デメリットを避けて生活再建を図ることが可能になります。

家族や職場に内緒で債務整理できる?

借金があることを家族や職場に内緒にしている場合は、当然、債務整理することも家族や職場にないしょにしたいということになると思います。実際、当事務所に相談される方の多くが、借金をしていることを家族に秘密にしています。
そこで、「家族や職場に内緒で債務整理ができるか?」ということをご説明したいと思います。

任意整理は家族や職場に内緒で手続きできる!

任意整理であれば、家族職場内緒で手続きを進めることが可能です。
依頼を受けた弁護士事務所や司法書士事務所が家族や職場に連絡することはありませんし、債権者(金融業者・カード会社)が家族に連絡することも家族が保証人でない限りはありません。
同居の家族であっても、例えば延滞している場合であっても、任意整理の手続きを依頼すれば、請求や取立てなどが止まりますし、書類も代理人である弁護士事務所・司法書士事務所に郵送されることになりますので、家族に借金があることがばれる可能性は通常低いです。

自己破産・個人再生は内緒で手続きするのは難しい

自己破産個人再生のように裁判所を利用する法的手続きの場合は、家族に内緒で手続きをすることは難しいと思いますし、内緒で行うことをお勧めもしません。
家族と同居している場合は、裁判所に提出する同居の家族の収入の証明書(給与明細など)や家族全体の家計収支を作成するのに家族の協力が必要になりますので内緒で手続きをすることは難しいといえます。
また同居の家族から「居住証明書」を提出してもらう必要があるケースもありますし、
家族から借金をしている場合には、その家族は債権者として扱うことになりますので自己破産や個人再生をしていることは当然知られてしまいます。

家族に保証人になってもらっている場合は?

奨学金・教育ローンや自動車ローンなどで、家族に保証人になってもらっている場合は、任意整理であれば手続き対象から除外することで、家族に知られずに手続きすることが可能です。
一方、自己破産や個人再生(法的整理)については、手続きから除外することは出来ないため、保証人に請求がいくことになり、秘密で手続きをすることはできません。

また、自己破産や個人再生の場合には、勤務先から借り入れがあるとすべての債権者を手続きの対象にする必要があるので、勤務先に自己破産・個人再生したことがしられてしますます。

債務整理すると家族への影響はあるか?

任意整理・自己破産・個人再生等の債務整理を行った場合の家族への影響について説明します。
「子供の信用に影響がでないかが心配・・・」
「親に迷惑がかからないかが心配・・・」
「夫の名義のカードに影響を出すわけにはいかない」

皆さんにとって初めて行う債務整理手続きが、家族にどのような影響がでるのか不安があるのが普通だと思います。
結論から言うと「ご自身の債務整理で家族に影響が出ることはありません」ということです。
あくまでも、カードの名義の方だけを対象に債務整理手続きは行われますので、子共の信用や将来に傷がつくこともなければ、家族に対してそのような確認を行うことなどもありません。
また、現在では個人情報の規制が厳しいため、家族の方が「あなたが債務整理を行ったかどうか?」「カードの使用状況はどうか?」などと問合せをしても、カード会社は「ご本人様以外とはお話しできません」と回答しプライバシーを保護しています。

ご依頼者様の感想・口コミ

一括請求が分割払いになったので支払えた

茨城県つくば市 女性 T.C様

リボ払いを3か月ほど支払いしないでいたら、残金全額50万円を一括支払い請求されてしまい、カード会社に電話するのも怖くて、どうすればいいか分からなくなってしまいました。
任意整理をすれば分割払いにできると教えてもらい、相談できるところをネットで探しました。
債務整理の実績や経験の多いところに、ちゃんと相談できてよかったです。

ちゃんと説明してもらえて安心だった

茨城県つくば市 男性 K.R様

他の事務所にも相談していましたが、その時はブラックリストについてのことや、費用についての細かい説明がされず、正直不安でした。
いろいろとインターネットで探していたところ、こちらのホームページに辿り着き、相談してみようと思いました。実際に聞きたいことも教えてもらえたし、デメリットもちゃんと説明してくれて安心できたので、こちらにお世話になろうと思いました。

任意整理に強いところを探していました

茨城県古河市 男性 Y.H様

任意整理に強いところが茨城県内にあればと思ってスマホで探していました。つくば市なら車で行ける距離だったので相談しました。電話だけでの相談は不安があったので、直接会って話すことができたし、対応もよかったので、本当に相談して良かったです。

夜間でも親切に対応してもらえた

茨城県土浦市 女性 S.Y様

今月のお金が用意できなくなり、債務整理を決意しました。茨城県にある近いところを探していてこちらを見つけました。グーグルマップの評判も良かったので、こちらにお願いしました。
仕事があって夜間の相談でしたが、親切に対応してもらい、ありがたかったです。

希望していた任意整理ができました

茨城県牛久市 男性 I.S様

家族に内緒にしていましたし、借りたものはちゃんと返したいと思っていました。
他の事務所で相談したときは「破産したほうがいい」と言われて半ば諦めていました。
こちらでは、家計収支などを見てもらい、支払い計画を検討してみて「任意整理でも大丈夫」と言われ、わらにもすがる思いでした。
結果として、相談の時に説明された見通しのとおりに任意整理ができて、支払い額を下げられたので、本当に助かりました。

費用の分割払いができて良心的だった

茨城県つくば市 女性 M.K様

債務整理をしたいと、ずっと考えていました。
こちらでは、依頼する費用も分割払いにしてもらうことができて
、つくば市にある事務所だったので依頼を決めました。
何度も事務所へ伺う必要がなく、思っていたよりも簡単に進められたので、もっと早く頼めばよかったです。

任意整理できるところを探していた

茨城県取手市 男性 A.H様

法テラスにいって相談しても、自己破産しか勧められなかった。
奨学金のこともあって親戚に迷惑をかけたくなかったので、任意整理をしてくれるところを自分で探していました。
支払いは大変ではあるけど、任意整理して支払える金額にしてもらえたので、借りたものはしっかり返していきたいです。

LINEで問い合わせをしました

茨城県水戸市 女性 O.H様

LINEで対応が早くて良かったです。
遠くても良い事務所にお願いしたくて、インターネットでいろいろ調べていました。
直接つくば市の事務所に訪問して、先生と面談が必要なところが、安心できると思いました。
債務整理をお願いした帰りは、久しぶりにすっきりとした気持ちでした。

 

メディア掲載実績

↓ 「法学館 伊藤塾」当職が紹介された記事です。よろしければご覧下さい。↓

https://www.itojuku.co.jp/shiken/shihoshoshi/jitsumu/report/bn/message_ochi.html

関連先のリンク

司法書士会の連合会組織です。

司法書士越智研介の会員検索ページはこちら

茨城の司法書士が加入している司法書士会です。

司法書士越智研介の会員検索ページはこちら