銀行カードローンの任意整理

銀行カードローンについても任意整理を行うことはもちろん可能です。しかし、銀行カードローンについてその銀行に預金口座を持っている場合も多く、消費者金融やクレジットカードの任意整理と比べて注意しなければならない点があります。
それは、銀行カードローンの任意整理を行うと銀行口座が凍結(ロック)されてしまうため、預金口座を使用することが一定期間できなくなってしまうという点です。
三菱UFJ銀行カードローン(バンクィック)、三井住友銀行カードローン、みずほ銀行カードローン、常陽銀行カードローン(キャッシュピット・ベストカード)、筑波銀行カードローン(イマホシ)、楽天銀行、新生銀行などが任意整理の手続きを行うことが多い銀行のカードローンです。

銀行カードローンの任意整理のポイント

給与振込口座の変更

銀行カードローンの任意整理を行うと、基本的にその銀行の預金口座は凍結(ロック)します。(銀行から保証会社に代位弁済がなされ、銀行に対して債務(借金)がなくなった時点で口座が使えるようになることが多いです)
例えば、三井住友銀行のカードローンの任意整理手続きを行うと、三井住友銀行の預金口座も使用することが一時的にできなくなります。(基本的に三井住友銀行以外の預金口座には影響がありません)
この場合に、給料が振込まれる口座が三井住友銀行の口座である場合には、預金口座が凍結(ロック)してしまうため、一時的にお金がおろせないといった事態になってしまいます。
そのため、給与振込先を他の銀行の預金口座に変えるということが必要になります。

口座振替の支払い方法の変更

電気代やガス代などの光熱費の支払いや、携帯電話代などの支払いがその代表例ですが、任意整理を行う銀行の口座は、一時的に使用ができなくなってしまうので、支払い方法を任意整理の行わない他の銀行からの口座引き落とし等に変更したほうがよいでしょう。
(例)家賃・光熱費・携帯電話代・WIFI利用料・インターネットのプロバイダ料金・保険料・WOWOWやケーブルテレビなどの利用料ヤフーオークション月額利用料
なお、クレジットカードの支払いが任意整理を行う銀行の口座振替になってたとしても、そのクレジットカード自体に任意整理を行うのであれば、このクレジットカードの支払い方法を変更する必要はありません。(債務整理を行うカード会社の支払いは、債務整理を行うことで自動的に停止するため)

年金やこども手当等の入金先の変更

銀行カードローンの任意整理を行うにあたって、その銀行の預金口座にこども手当や年金などの入金がある場合は、入金先の変更が必要です。その他、障害者手当や傷病手当・失業保険なども当てはまる方は確認しておきましょう。年金や手当などの入金があったものの、引き出せなくなってしまったり、カードローンと相殺されてしまう場合がありますので注意が必要です。

住宅ローンとカードローンが同じ銀行の場合

例えば、常陽銀行にカードローンの借入れがあり、かつ、常陽銀行で住宅ローンの支払いもある場合で、常陽銀行のカードローンに任意整理を行うと、同じ常陽銀行の住宅ローンも自動的に任意整理の対象とされるため、この場合には常陽銀行自体を(カードローンも住宅ローンも)任意整理の手続きから外していきます。

 

お気軽にお問い合わせください 

24時間無料相談予約受付中

0120-66-8599

無料相談は完全予約制です

土曜・日曜も相談可